自営業・経営者住宅ローン赤字の場合の審査は?

自営業・経営者の人住宅ローンの申し込みの時には、確定申告書のコピーを過去3年分提出しなければなりません。
この間に赤字が一度でもあると、住宅ローンの審査には通らないといってもいいかと思われます。
ですから、赤字がある場合には、自営業・経営者の人は住宅ローンの審査の申し込みは控えておいたほうがいいかと思います。
軌道に乗って安定した収入が得られてから、申し込みをすることをおすすめします。
もちろん待っていられないというような人がいたら、フラット35を検討してみてはいかがでしょうか。
フラット35ですと、審査の対象期間も確定申告書は1年になりますので、その年に赤字でなければ審査の対象になりますので、フラット35も考えてみるといいでしょう。