レイクアルサの審査が甘い件に関する私の体験談

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

銀行とレイクALSAの違いは何かというと、審査時間の長さになります。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

お金を融資してもらうことができる金融機関には昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが近頃は銀行でもカードローンが取り扱われているのでスピーディに借りられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上となり、企業としての利益として計上されます。

銀行とレイクALSAの金利を比較すると通常は銀行の金利の方が低く、レイクALSAの金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのであながちレイクALSAのほうが高金利であるとは言い切れません。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

レイクALSAのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので審査時間が短く利用することができることですよね。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

特に住宅ローンは数十年に渡って数千万円を返済していくローンなので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むなら、カードローンは解約しておいたほうが良いでしょう。

今すぐお金を借りたいという方にオススメの方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンとレイクALSAが提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

レイクALSAのキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、レイクALSAの方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行と比較すると、レイクALSAのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

レイクALSAのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で借り入れや返済を繰り返し行うことができるキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内から利息を差し引いた分が元本の返済に充てられという流れです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して申し込めると人気です。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

レイクALSAのメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため現在の規定よりも高い金利で借り入れていた人がいたようです。

これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップで堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい...というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の知られざる審査時間の長さや労働条件を詳しく解説していきましょう。

主な審査時間の長さは債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。それでレイクALSAの審査は甘いのかという問題が出てきます。

引用:レイクアルサの審査は甘い?厳しい?即日審査の窓口【スマホ対応】

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度で成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

普通、レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、レイクALSAの場合は預金機能がないので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますが一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

レイクALSAのキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、個人の借り過ぎを抑止するために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかし、消費者金融は総量規制とういものがあるためサービス内容で他社との差を出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM通して伝わってくる企業イメージも評価を左右するポイントとなっているでしょう。